Johnnie通信では地域ネタ&食ルポマガジンをお届けしています

SEO対策をして自然検索を大切にしよう

SEO対策をして自然検索を大切にしよう

お店などを紹介するため取材していると、「どうしたらお客さんにHPが見られやすくなりますか?」と相談を受けることがあります。

最近はSNSが発達したのでサイトを持つ個人店のお店はそれらのサービスを活用して、拡散されているのをよく見ます。もちろん間違った手法ではなく適格なやり方のひとつです。

しかし、SNSはいつサービスが終了するか分かりません。また、『いいね』を押し合うだけで終わってしまい、集客につながらないことが時々あります。

SNSのサービスが終了した場合、今まで効果があった投稿は全て水の泡となってしまいます。では、どうすればよいか?答えは簡単です。SNSのサービスを活用しつつも、Google検索で上位に並ぶようにブログなどの更新を続ければよいのです。

今では、ホームページ内にブログをセットしているところも多いので、頻繁に更新作業を行うのをおすすめします。

SNSの力を借りつつも、検索エンジンで上位に入るようにブログを更新するという二刀流を活用しましょう。

※今回ご紹介する方法は、あくまで当方の自己流のため、技術として正しいとは限りません。PV数が絶対に稼げる!というソースはありません。たぶん、こういうことをしていれば多少は反応があるかもしれないという気持ちくらいでご覧ください。

ビジュアルもテキストも並行して使おう

最近はSNSや動画投稿の発達で、『ビジュアルで情報を見せる』ことが活発になっています。確かにテキストに比べてビジュアルは情報量が多いうえに、とても分かりやすいものとなっています。

しかし、SNSなどのサービスはいつ終了するか分かりません。

これまでSNSでお客さんに情報を拡散していて、突然サービスが終了したら、どのように広げれば良いのだろうか?と悩まれるかと思います。そんなときのために備えておくのがテキストです。

前回ご紹介したとおり、簡易的なSEO対策として検索キーワードを盛り込んだ記事をライティングし続けることが大切なのです。よくいわれる自然検索(オーガニック検索やオーガニックサーチなど)を増やす努力を怠らないことです。

簡易的なSEOキーワード付のライティング方法

情報の拡散は、どれかに特化するよりもできるだけ使えるツールは使用するという気持ちで取り組んだ方が賢明かと思います。一つのサービスが終わっても、他のサービスで拡散され続けていれば、途切れる心配がないからです。

では、自然検索はどう増やせばいい?

これは、先ほどもお伝えしたとおり、前回ご紹介した簡易的な検索キーワードを盛り込んだ文章を書くことです。

サイト内にブログ機能があれば、そちらで更新作業を続けると良いでしょう。付いていない場合は、ブログサービスを活用して、つど記事を書く際にサイトのリンクを掲載すると、ほぼほぼ同じ効果が得られます。

Google検索やYahoo!検索を利用して検索することを自然検索というのですが、この方法でお店情報を集めているお客さんに対して、お店のサイトが見られるように仕掛け続けるのが大事なのです。

PV(ページビュー)数を増やし、検索の順位を1ページ目以内におさまるようにブログで記事を投稿し続ければ、いずれ評価が良くなり、自然と順位が上がる可能性があります。ただ、Google検索はSNSで拡散を続けるサイトに対し、低い評価を与えると言われています。そのため、自然検索を増やそうと考えたら、SNSでの拡散を減らしブログの更新に比重を置くことを考えるのも一つの方法です。

まとめ

SEO対策とか、ビックワードとかスモールワードとか専門的なことはよく分からない!という方はたくさんいらっしゃると思います。

そんなときは、Google検索した際に出てくる関連する検索キーワードを活用したり、「自身ならどう検索する?」など考えて言葉を分解していき、文章に盛り込むのも大切だと思います。

SNSで拡散したら評価が下がると言われています。なのでバランスよくブログなども活用して、文章を書き続け、自然検索を増やす努力をしてみてはいかがでしょうか?

ネットの話カテゴリの最新記事