Johnnie通信では地域ネタ&食ルポマガジンをお届けしています

ブログの収益化を目指して分かったこと

ブログの収益化を目指して分かったこと

1年半??くらい、ブログの収益化を目指すためにいろいろな方法を試してきました。
ネット界隈では、「これをすると収益化が通りやすい」とか「このブログサービスが良い」など、さまざまな情報があります。しかし、厳密にはGoogleアドセンスの場合『あくまで正解とされていることをやる』程度で考えるほうがベストです。

今回は、1年半、収益化を目指すべくやってきたことや失敗談を話したいと思います。

※注意 あくまで個人の感想です。批判や否定をするものではありません。

最初に試したのは、はてなブログ


一番最初に挑戦したのは、はてなブログです。ダッシュボードがWordpressと近く、一度でもWordpressを使ったことがある方なら操作する際に、あまり抵抗感なく使えるかと思います。
このときは、有料プランを契約して、ブログをできるだけカスタマイズしました。しかし、独自ドメインは取得せず運用していました。

状況
・記事は30本以上は超えていた
・記事は1本につき1,000文字以上
・はてなブログProを契約した(はてなブログ無料版ではない)
・独自ドメインは未取得

ちまたでは、はてなブログで独自ドメインを取得せずにGoogleアドセンスの申請を出しても、合格する場合があると言われていますが、10カ月近くやっても審査不能とはじかれていました。そもそも、はてなブログとGoogleアドセンスの相性が悪い(独自ドメインでない場合)という推測もあります。また、人によっては、はてなブログ無料版で審査が通ったという方もいるので、確率の問題かもしれません。

とはいえ、はてなブログでは有料版を契約して独自ドメインの取得が推奨されています。

少なくとも、私の場合は審査不能が何度もきました。


2つ目に挑戦したのはブロガー


あまり知られていませんが、Google自らブログサービスBloggerを展開しています。こちらの場合、Googleが運営しているものなので、収益化の申請などをかなり楽です。独自ドメインを取得していなくてもBloggerで作成したURLでそのまま申請ができます。しかし、手軽な分、あくまで推測ですが「審査が厳しい」かもしれません。3カ月たとうが、半年たとうが何にも反応がなかったです。

状況
・記事は既存の記事30本以降、プラス20本ほど新規記事追加
・記事は1本につき1,000文字以上
・独自ドメインは未取得

これも審査状況か判断できなかったために断念しました。


最終的にはWordpress


結果的にはWordpressに落ち着きました。私自身はWordpressの立ち上げができないので困っていたのですが、優秀なWebデザイナーさんとたまたまお会いし、格安で設定していただきました。この方とお会いしてなかったら、まだまだ今の状態には行き着いていないので、感謝しかありません。

WordPressの場合は、レンタルサーバーの契約、独自ドメインの取得は必須なので、当然、行いました。

状況
・既存の記事50本を以降
・記事は1本につき1,000文字以上
・レンタルサーバーの契約
・独自ドメインの取得
・立ち上げやそのほかの設定をWebデザイナーさんに依頼

結果的には、Googleアドセンスに申請を出すと約1カ月で審査は合格しました。正直いってこのとき「この1年半は何だったのだろうか」と思うほど、スピード解決しました。


結論


私自身、過去に一度Wordpressで管理して、アドセンスを運用していたことがありました。その経験をもとに、さまざまなブログサービスを使ってみたところ、結局はWordpressが一番早かったです。もちろん私の経験上の話です。

そのほかのブログサービスで合格したという方もいらっしゃるので、私の話もあくまで一例しかありません。どんなブログを使って、どのように収益化を目指すかはすべて『自己責任』です。私は収益化を目指すためにコストは惜しみませんでした(安く済ませようとは必死でしたけれど)。

もう一ついうと、独自ドメインを取得し運用するメリットは、ブログサービスが終了しても別のサービスを使う際に記事の移行が楽、SEOも継続されるという点です。通常よく見られるブログサービスの場合、いつサービスが終了するか分からないという点がリスクだったりします。

今回は、私が経験したことを話してみました。

ネットの話カテゴリの最新記事