Johnnie通信では地域ネタ&食ルポマガジンをお届けしています

大阪名物・元祖たこむすを買って帰ってみた=駅弁列伝③

大阪名物・元祖たこむすを買って帰ってみた=駅弁列伝③


大阪のソウルフードである「たこ焼き」。元はラジオ焼きに入れる具として新しい食材を探していた開発者が、明石焼きにはたこを入っていることを知り、それをヒントに誕生されたものがたこ焼きらしいです。
昔は出汁が効いた生地をそのまま味わうものでしたが、近年はソースとマヨネーズだけでなく、ポン酢やネギ塩といったさまざまなバリエーションがあります。

そんな大阪府のソウルフードと三重県のソウルフードの「天むす」が合体した、『たこむす』を今回買って帰りました。

パっと見「あれ、軽食感覚で食べる量?」と思うかもしれませんが、結構ボリュームがあって1箱で十分おなかいっぱいになります。

たこ焼きとおむすびがマッチする味わいが楽しめるものとなっています。マヨネーズもついているので付けたものとそうでないもので、味変を楽しむのいいですよ!

大阪ではお好み焼きとごはんを一緒に食べる文化があるので、この組み合わせに抵抗が無い方にはピッタリの一品です。見た目もインパクトたっぷりなので、お土産やちょっとしたプレゼントとして買って帰るのもかなりアリです!

新大阪駅構内などで販売されていますので、ぜひ買ってみてください!

駅弁列伝カテゴリの最新記事