Johnnie通信では地域ネタ&食ルポマガジンをお届けしています

本番まであと1カ月!参加団体へ説明=八尾キメラ

本番まであと1カ月!参加団体へ説明=八尾キメラ

複合型のスポーツイベント「八尾キメラ」の関係者向けに説明会がこのほど行われました。

八尾キメラとは、子供たちに単一のスポーツだけでなく、複数の競技に見て触れてほしいという想いのもと実施される、複合型イベントです。開催場所は八尾ウイング(八尾市立総合体育館)で、4月11日に午前の部と午後の部で行われます。対象は大阪府八尾市内の小学生、参加費は100円(保険代)となっています。

今回は、大阪府八尾市のニュースとして「八尾キメラの説明会」模様をお届けします!

イベント概要はこちら

スポーツ関連協会11団体が視聴


今回実施された八尾キメラの説明会には、イベントに参加する大阪府八尾市内にあるスポーツ関係の協会11団体が説明を聞きにきました。

はじめに一般社団法人アクリル運動部スポーツクラブの代表理事・稲垣圭悟氏のあいさつからスタートし、関係スタッフによる本イベントに関する進捗状況や当日の注意点などの説明が行われました。

デジタル&紙媒体で宣伝!

スポーツイベントを円滑に多くの大阪府八尾市内の子供たちにしてほしいために、アクリル運動部ではデジタルコンテンツへの宣伝にも注力しているとのこと。その効果もあって、説明会当時(2021年3月7日)の時点ですでにイベントへの申し込みは70件あったそうです。

その後も随時、各関係者の協力のもと、チラシやポスターといった紙媒体も多くの子供たちの手に渡るように手配済みだといいます。「大阪府八尾市内にある小学校には、子供たちに直接チラシを配布できるようにしていますので、多くの子供たちが当スポーツイベントを知ってくれます。これをきっかけにたくさん参加してほしいですね」。

会場内が円滑にまわるように―

各スポーツ関連の協会の方々が円滑に、子供たちに競技の体験ができるよう、メインアリーナ、サブアリーナ、武道場2カ所、研修室で、実施できるよう区分したといいます。
また、1回の体験については15分前後で行えるメニューにしてもらい、可能な限り多くのスポーツに子供たちが触れられるようにしてほしいと、各協会にお願いしていました。

新型コロナウイルスの関係もあり、衛生面はもちろんですが各室内への定員数も定めており、予防対策も施されています。

このようにたくさん体験ができるようにすることで、子供たちが単一のスポーツだけでなく、複数の競技に見て触れて、自身に適したものと出会ってもらうに進めるのが同イベントの最大の目的となっています。

最後に代表理事・稲垣氏があいさつ


一般社団法人アクリル運動部スポーツクラブの代表理事稲垣氏は、大阪府八尾市内でスポーツ関係で有名人です。
そんな稲垣代表理事は「これだけ多くの団体の方々に参加いただいてうれしく思っています。子供たちが皆様のところに行くように、運営側も演出していきたいと思います」とあいさつしました。

最後に

八尾キメラは4月11日に八尾ウイング(八尾市立総合体育館)で実施されます。午前の部、午後の部で分かれて行われ、参加人数は1000名を目標にしています。

大阪府八尾市内在住の子供たち(小学生)であれば、参加することができます。複合型イベントとなっているため、単一のスポーツだけでなく、たくさんの競技を体験することができますので十分楽しめます。遊びのひとつ、習い事のひとつ、とにかくスポーツをやってみたい!でも、どこにお願いしたらいいか分からないという方にはピッタリのイベントではないでしょうか?

ぜひ、参加してみてくださいね。

気ままに取材カテゴリの最新記事